何でも屋の爺より思いを込めて

文術とは!!たいそうなこと書いて有りますが、武者絵雅号で(^^♪30年以上前に貰った雅号です

        人はそれぞれに

           辛さを抱え

           心に棒を

        持って生きる

色鉛筆で五体しかないけど(-_-;)七福神

武術における文武の伝

「武術、文術」「武芸、文芸」こうした分類が全く意味を為さないということはあるまい(「文術」という語はないが、文章作成技術のことと考えて頂きたい)。これらの根源にあるのが「道芸」である。「一気」という語でも表現されることもあるが、『老子』には「一は二を生み、二は三を生じて、三は万物を生む」と説かれている。この「一」に相当するのが、「道芸」であり「一気」なのである。人は、文武の修練をする。武術で身体を鍛え、読書をして知識を蓄えたりする。しかし、これでは他のものに発展することは無い。これに「一気」「道芸」が加わってこそ、「三」となり「万物」を生むことができるようになるのである。では、「一気」「道芸」とは、如何なるものであるのであろうか? 実はそれを言葉で表現することは出来ない。それは固定したものでは無いからである。「一気」を得ることは、文の道を以てしても、武の道を以てしても可能であるが、文武の基礎的な修練は、欠かすことが出来ない。
もし、あなたが「武」の道を採るのであれば、先ず武術を練る一方で、文術の訓練を受ける。そして武術を武芸にまで高め、一気を得る。そうなれば遠からず文術も文芸の域に到達することであろう。また「文」の道を選択しても、同じ様であり、一気、道芸を得て「文芸」の境地に達し、そして武術も武芸となるようになる。
文も、武も、それに「偏る」ことは身を滅ぼすもとである。文武の合一は、活きるための必然である。

なぜ白秋仙人か!!(青春の対義語が白秋であること)

道教の五行思想では、自然を木・火・土・金・水の五種類の要素に分けます。四季を青春・朱夏・白秋・玄冬といいますが、玄は黒のことで、それらの色に中央に黄を加えたのが、色の五行です。
 道教で重視した(ばん)と言われる縦長の旗は、同じ大きさの青・赤・白・青(または紫)と黄の、長方形の絹の布五枚を重ねています。山背大兄王が亡くなった時には「五色の幡」が空を覆ったと記されています。

過去の特集色々


花文字の命です。

優良さんに折り紙で着物を(^^♪

竹で合掌造り、萱の部分は竹の葉っぱ腰板は竹を割って貼り付け障子の枠も竹・柱は煤竹を使用!!中に囲炉裏も作りました(^^♪

優良さんを中に座らせて・・・・・・

和傘

和傘明兎の山田ひろみさんに習いました(^^♪

巳年の時に作った白蛇と金の折り紙3点


旦那との思い出の柿木で彫ったものです。竹森典子さん家に行ったお地蔵さん!!

今はお仏壇の横にお数珠掛けになってます。

 

いらっしゃいませ by bunzyuthu

大崎公民館  FBへ

公民館長として表彰を

         戴きました。

ひとえに皆様のおかげです。

   龍の切り絵へ


爺のカラオケ


長原文術

〒929-1127

石川県かほく市大崎ニー8

TEL : 090-2037-7778

G-mil:bunzyuthu5@gmail.com

携帯mail:hiroyuki1953327@ezweb.ne.jp

日々の爺の足跡はFBで

FB bunzyuthu

訪問者カウンター

カウンター カウンター

訪問ありがとうございます

金沢ブログ文術の部屋

放置中(-_-;)

ヤフーの文さん

こちらも放置中(-_-;)